携帯電話の電波が届かないマンション

もしも連絡をする手段が携帯電話だけの場合、その電波が届かない部屋では余技なく引越しをしなければいけない状況となってしまいます。
ですので物件探しをする時には、携帯電話の電波が入るかどうかを部屋に入って実際に試してみるようにしましょう。

 

現在のマンションは防音設備が整っていますが、その影響によって携帯電話の電波が届きにくかったり、全く圏外となってしまうことがあります。
アパートでも立地条件によりましては、届きにくい部屋も確かにあるので、しっかりと契約前に確認をしてください。全国的に携帯電話が普及し、現在では無くてはならない存在ですが、最近では電話回線を引かずに携帯電話のみの人が多くいます。
部屋の状況によりましては、電波が届きにくい物件もあるので事前の確認は大切なことと言えます。 もし賃貸への引っ越しを考えているのでしたら、最も重要なことが利便性なのではないでしょうか?
せっかく何かと便利な賃貸へ引っ越しをするのですから利便性を重視して探してみましょう。



携帯電話の電波が届かないマンションブログ:27 8 17

減量するときには
「ラーメンはダメ!」
「揚げ物はダメ!」
「ケーキやアイスクリームもダメ!」
…など、
「食べてはいけない」ということに目が行きがちですよね。

読者様は、どうですか?

そのこと自体は間違っていないのでしょうが、
これをそのまま受け取ってしまうと…
「食べてはいけない」
  ↓
「好きなものが食べられない」
  ↓
「ガマンしなくちゃいけない」
  ↓
「つらい」
という、世間一般でも連想されがちな、
減量=「つらい・苦しい」
と言うイメージになってしまいます。

短期的に、
「1ヶ月だけ死ぬ気で頑張って減量するんだ!」
というなら耐えられるのかもしれません。
(私にはできませんけれども…)

でも、その後はどうするんですか?
人間はずーっと何十年も生きていかなければなりません。
苦しさに耐え、1ヶ月だけ爆発的に頑張って痩せても、
その生活をやめてしまえば、
元の木阿弥です。

いやそれ以上に、過激な食事制限をすると
筋肉が落ちて、代謝も減ってしまい
残るのは、太りやすい体質だけです。

そして元の生活に戻すと、
前より体重が増えて、脂肪も増え
減量前よりもブクブクの体質になってしまいます。

だからこそ、減量というのは
長く続けられる方法でなければならないんです!

それなのに
減量=「つらい・苦しい」
と思っていたら、
それをずっと続ける自分の人生は
ずーっと「つらく・苦しい」
ものになってしまいます。

これでは、
減量を長く続けるモチベーションが続きませんよ!

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

このページの先頭へ戻る