敷金について理解をしておこう

もしかして勘違いしている人もいるかもしれませんが、契約時の敷金というのは不動産屋へ支払うものでは無いのです。
敷金は契約時に不動産屋を経由して、全て大家さんに渡されているのでご安心ください。

 

日本が定める敷金というのは、賃貸の借り手の債務を担保とするものであり、物件の貸し手に一時的に渡しておくものとされています。
賃貸契約終了時に借り手に債務不履行が存在しなければ全額返金されるものとなっているのです。賃貸物件のオーナーや、また管理をしている管理会社へ一時的に預けておくこととなるのが、敷金と呼ばれているものです。
これは家賃の未払いがあった場合や、退去時の修繕や清掃費が発生した時に、敷金から差し引かれて残りは契約満了時に返金されることとなります。 自分の求めている全ての条件を満たすことの出来る賃貸物件はそう簡単には見つからないかもしれません。
しかし正しい探し方と要点さえ抑えていれば条件にピッタリの物件を見つけることが出来るでしょう。



敷金について理解をしておこうブログ:26 9 17

シェイプアップしているにもかかわらず、
食後の果物がやめられなかったり、
夜になったら、
ついついスナック菓子に手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

ぼく自身、
夜、テレビを見ながら、
スナック菓子をつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく体操を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
日々のようにスナック菓子を食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
シェイプアップなんて成功しませんよね?

そこで、ぼくは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

体質は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のスナック菓子」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

14時食の後の果物も、
チーズケーキやアイスクリームなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
読者様、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、チョコレートが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
体質に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。

このページの先頭へ戻る